合法性と安全性は別に考える

オンラインカジノはいつから存在しているのか

オンラインカジノは1994年に初めて運営ライセンスが発行され、それ以降多くの会社がライセンスを取得するようになりました。
特に90年代の後半から2000年代初頭にかけては、インターネットが急速に普及したこともあり、オンラインカジノのサービスも続々と登場しました。
日本国内でも2000年代の半ばあたりから徐々に普及していき、近年ではプレイヤー人口も大幅に増えており、ブログや動画などに取り上げる人も急増しました
多くの運営会社が日本語に対応していることもあり、日本人にとって取り組みやすいのも普及した要因の1つと言えます。

オンラインカジノにはどのような魅力があるのか

オンラインカジノがこれほどまで人気になったのは、当然ながらたくさんのメリットや良さがあってこそですが、具体的にどういった魅力があるのでしょうか。
まず第一に、オンラインカジノはいつでも好きな時に遊べるのが大きな魅力の1つです。
メンテナンスなどで一部のゲームがプレイできないことはありますが、基本的には24時間365日いつでもプレイできる環境となっているため、自分が遊びたいと思った時に遊ぶことができます。

また、オンラインカジノをプレイするためには、パソコンやスマートフォンを持っていてネットに接続できる環境があればOKなので、自宅はもちろん外出先で遊ぶことも可能です。
ゲームの種類も非常に豊富で、スロットやカードゲームやルーレット、それ以外にも多種多様なゲームを用意しているので、飽きることなく遊び続けられるのも嬉しいです。
そして、オンラインカジノには一瞬で数百万や数千万円ものお金を稼げる夢があります。
特にジャックポットに当選すれば、億を超える配当を得ることも決して不可能ではありません。

オンラインカジノは合法的にプレイできるか

オンラインカジノをプレイする上で、大きな不安材料となるのが法的な問題です。
今現在日本国内では、公営競技のような国に認められたギャンブル以外は法律で禁止されています。
裏カジノや違法パチスロ店などが摘発されるニュースをよく目にしますが、それも法律に違反しているからこそ摘発されてしまうわけです。

では、オンラインカジノの場合は合法的にプレイすることはできるのでしょうか。
まず、オンラインカジノはライセンスを取得して運営されているので、それ自体が違法になることは絶対にありません。
問題は日本国内でプレイすることに対する違法性ですが、あくまでもオンラインカジノのサービスはその国の法律が適用されると言われています。

したがって、日本国内には明確にオンラインカジノのプレイを禁止する条文がないので、ライセンスを取得して運営されているオンラインカジノをプレイすることは基本的に違法ではありません。
ただし、当然ながら日本の会社が同じようなサービスを提供すれば完全に違法となりますし、カジノカフェのようなオンラインカジノを利用して賭博行為を提供することも同じように法律違法となってしまいます。

オンラインカジノにおける詐欺被害について

昔に比べるとオンラインカジノをプレイする人は大幅に増えましたが、それでも海外に比べればまだまだ認知されていない状況です。
もちろん、日本人にとってカジノはあまり馴染みがないことも要因の1つですが、もう1つの理由として海外が運営するサイトということもあり、危険なイメージを持ってしまう人が多いからです。

実際のところネット上でも、オンラインカジノで詐欺被害に遭ったという書き込みも少なからず見受けられます。
確かに、ラインセンスを取得せずサービスを提供している業者がいることも事実なので、実際にプレイするにあたっては最低限のリスク管理は行わなければなりません。
ただ、少なくとも大手の優良業者が運営するオンラインカジノであれば、安心安全にプレイすることができますし、当然ながら詐欺被害に遭うことも決してありません。
また、オンラインカジノの運営は信頼がとても重要なので、インチキ行為なども一切行っていません。

オンラインカジノの還元率を日本のギャンブルと比較してみる

オンラインカジノの人気が高まっている大きな理由として、還元率の高さがあります。
ゲームの種類や運営会社によって細かい数値は違ってきますが、基本的には95%から98%の還元率となっています。
日本のギャンブルと比較してみると、宝くじやサッカーくじが約50%、競馬や競輪などの公営競技が約75%、パチンコやパチスロは約85%ほどの数値であることから、それらと比べても別格の還元率を誇っています。
当然ながら、還元率が高ければそれだけ勝ちやすくなりますし、娯楽という観点で見ても非常に遊びやすいと言えます。

今まで公営競技やパチンコをメインに取り組んでいた人も、オンラインカジノをプレイしたことでそちらにシフトするケースも増えています。