ルーレットをオンラインカジノで楽しむための準備

ルーレットといえば、カジノの定番ゲームとして今でも大人気のゲームですが、最近はパソコンやスマホを使ってできるようになってきました。
そんなルーレットは一見単純なゲームのように見えますが、実はとても奥が深いゲームなんです。

この記事では、ルーレットをオンラインカジノで楽しむための準備について解説します。

ルーレットとは

ルーレットとは
ルーレットとは、回転する数字が書かれた円盤(ホイール)に投げ込まれた球がどこに落ちるのか(具体的には「数字」や「色」など)を予想した上で賭けをするゲームです。
ルーレットが定番のカジノゲームとして人気を維持しているのは、初心者でもわかるようなシンプルな遊び方にもかかわらず、さまざまな賭け方があることから、上級者でも十分に楽しめる奥が深いゲームだからです。
オンラインカジノでもルーレットは当たりやすいかつ十分に楽しめるゲームになっています。

ルーレットがどんなゲームであるのかを多くの人が知っている一方で、ルーレットの種類やどんな賭け方があるのかといった細かいルールについては、あまり知られていないのではないでしょうか。
そこで、次のところからはルーレットのルールの基本である種類と賭け方について解説していきます。

ルーレットの種類

カジノに限らずオンラインカジノで行われているルーレットは、主に2種類のタイプに分けることができます。
この2種類のルーレットは、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプです。
では、この2種類のタイプにはどんな違いがあるのでしょうか。

アメリカンタイプとヨーロピアンタイプのルーレットには、次のような違いがあります。

(1)「00」の有無の違い
(2)「00」の有無に伴うテーブルレイアウトの違い
(3)ホイールの数字の並び方の違い
(4)控除率(ハウスエッジ)の違い

この中で(2)(3)についてはルーレットをプレイする上でそれほど大きな影響はありませんが、(1)(4)については大きく影響を受ける可能性があります。

(1)~(4)について簡単に解説します。
ルーレットの種類
(1)「00」の有無の違い
アメリカンタイプとヨーロピアンタイプの数字の違いは「00」があるかないかです。
両者に共通しているのは「1」~「36」の数字と「0」があることです。

つまり、アメリカンタイプにもヨーロピアンタイプにも共通点として37個の数字があります。
しかし、アメリカンタイプには37個の数字に加えて「00」という数字があることから、全部で38個の数字があるということになります。

・アメリカンタイプ:「1」~「36」、「0」「00」の計38個
・ヨーロピアンタイプ:「1」~「36」、「0」の計37個

たった1個だけの違いじゃないかと思われるかもしれませんが、大きな違いであることを(4)のところで解説します。

(2)「00」の有無に伴うテーブルレイアウトの違い
ルーレットのテーブルにはホイールに書かれているすべての数字が書かれていますが、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプとでは「00」の有無により違いがあるということです。
逆にいうと、「00」があるのがアメリカンタイプのテーブルレイアウトで「00」がないほうがヨーロピアンタイプと判断できます。

(3)ホイールの数字の並び方の違い
アメリカンタイプのルーレットが対角線上に連続した数字が並んでいるのに対して、ヨーロピアンタイプはランダムな並びになっています。
ルーレットをプレイする上で大きな影響はありません。

(4)控除率(ハウスエッジ)の違い
ルーレットにおける控除率とは、オンラインカジノの運営側に対してどのくらいの手数料を支払うかを表しています。

この控除率をハウスエッジといい、アメリカンタイプ(5.30%)のほうがヨーロピアンタイプ(2.70%)よりも2倍近く高くなっています。
この数字はアメリカンタイプのルーレットがヨーロピアンタイプのルーレットよりも負けやすくなっていることを意味します。
このような違いはアメリカンタイプの38個の数字がヨーロピアンタイプの37個の数字よりも「00」の数字1個分多いことが原因となっています。

ルーレットの賭け方

ルーレットには基本的な賭け方というものがありますので、解説します。
まず、ルーレットには「1」~「36」「0」の数字に賭ける方法とそれ以外の賭け方に分けることができます。
前者をインサイドベットと言い、後者をアウトサイドベットと言います。
テーブルレイアウトでは上の部分をインサイドベット、下の部分をアウトサイドベットと言います。
ここでは、インサイドベットとアウトサイドベットに分けて、どんな賭け方があるのかを紹介します。

ルーレットの賭け方
(1)インサイドベット
インサイドベットは当たる確率は低いものの、配当は高い賭け方になっています。

・ストレートベット     (1点賭け、配当:36倍) 例 「6」

・スプリットベット     (2点賭け、配当:18倍) 例 「4,7」

・ストリートベット(トリオベット)    (3点賭け、配当:12倍) 例 「7,8,9」

・コーナーベット      (4点賭け、配当:9倍)  例 「5,6,8,9」

・ラインベット(ダブルストリートベット) (6点賭け、配当:6倍)  例 「4,5,6,7,8,9」

・フォーナンバーベット     (4点(1,2,3,0)賭け、配当:9倍、ヨーロピアンタイプのみ)

・ファイブナンバーベット    (5点(1,2,3,0,00)賭け、配当:7倍、アメリカンタイプのみ)

この7種類の賭け方を見れば一目瞭然ですが、賭ける点数が少ないほど配当は高くなりますが、賭ける点数が多くなればなるほど、配当は低くなります。

(2)アウトサイドベット
アウトサイドベットは当たる確率は高いものの、配当は低い賭け方になっています。

・ダズンベット(セクションベット)    (12点賭け(1~12 or 13~24 or 25~36)、配当:3倍)

・カラムベット      (12点賭け(横1列)、配当:3倍)

・レッドブラックベット      (赤・黒賭け、配当:2倍)

・オッドイーブンベット     (奇数・偶数賭け、配当:2倍)

・ハイローベット       (ハイロー賭け(1~18 or 19~36)、配当:2倍)

アウトサイドベットには5種類の賭け方がありますが、賭ける点数が多いため、当たる確率が高い一方で配当は低くなっています。

まとめ

これだけの知識があれば、ルーレットを十分に楽しめると思いますが、解説を読んだだけではわかりにくいかもしれません。
やっぱりルーレットは実践あるのみですので、実際にやってみてください。

おすすめのオンラインカジノは、ベラジョンカジノ、カジ旅、ジパングカジノなどです。
この記事がルーレットをオンラインカジノでやるきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です