オンラインカジノの利用は違法にはあたらない

海外のギャンブルのため利用しても違法にあたらない

海外のギャンブルのため利用しても違法にあたらない
オンラインカジノは24時間いつでもギャンブルを楽しめるだけではなく、ブラウザゲームの採用によりパソコン、スマートフォンからも楽しめるようになっているので、場所も問わずに利用することができます。
こうしたいつでもどこでもギャンブルを楽しめるというのがオンラインカジノの大きな魅力なのですが、オンラインカジノ=違法ギャンブルと考えられることも少なくはありません。

オンラインカジノが違法ギャンブルと考えられやすいのは、日本においてのカジノの運営、利用が違法にあたるからでしょう。
カジノ法案も可決され、近い将来日本もカジノ合法国となるのは間違いないのですが、現在はまだカジノは合法ギャンブルとはなっていないので、日本国内でカジノの運営を行うことはもちろん、利用するのも違法となります。

オンラインカジノも、ポーカーやブラックジャック、ルーレット、スロットマシーンなどのカジノゲームを利用したギャンブルなのですが、オンラインカジノは海外で運営されているギャンブルなので、日本国内から利用しても違法にはあたりません。
オンライン上のサービスであるため、実際に足を運んだりすることはありませんが、オンラインカジノの利用はラスベガスやマカオへ旅行に行きカジノでギャンブルを楽しむことと変わりません。

そして、違法ギャンブルは賭博法という法律によって裁かれることになるのですが、賭博法は当然ながら日本国内でのギャンブルに対してしか効力を発揮しませんので、海外で運営されているオンラインカジノを利用しても特にどんな罪を科せられるわけではありません。

また、賭博法は運営者と利用者が同じ場所に揃っていることがその条件となりますが、オンラインカジノは運営者は海外にいて利用者は日本にいるという特殊な状況となるため、この点においても違法ギャンブルとして裁かれることはありません。

オンラインカジノは安全で公平なギャンブル

オンラインカジノは安全で公平なギャンブル
オンラインカジノは海外のギャンブルであるということから利用しても違法行為とはならないのですが、オンラインカジノは海外では合法ギャンブルとして運営されているので、その運営は一切不正のない安全でクリーンなものとなっています。

オンラインカジノサイトにアクセスして頂けるとわかりますが、サイトトップページ最下部付近にどこの国からライセンスを得ているのかを表すライセンス情報が掲載されています。
ライセンスというのはオンラインカジノを合法ギャンブルとして認めた証で、その発行元はオンラインカジノを合法ギャンブルとして認めている海外政府です。

政府発行のライセンスですからその取得は大変難しく、審査落ちしオンラインカジノの運営を諦めた会社も多くあります。
そして、ライセンスを取得してからはライセンスを発行した海外政府の監視下で運営を行うことになるので、不正などは一切許されることはなく、常に安全で公平なギャンブル提供を求められます。

そして、オンラインカジノでは第三者監査機関の監査を受けているので、サービスの安全性だけではなく、勝ちやすさを示すゲームのペイアウト率についてもサイト上にて公開されています。
オンラインカジノはギャンブルの中でもペイアウト率が高いことで知られていますが、こうして第三者監査機関によってもそのペイアウト率の高さが保証されていますので、いつでもその他のギャンブルよりも高い勝率でプレイすることができます。

他にも、ゲームのソフトウェア、決済を外部の会社に任せているというのもオンラインカジノの安全性に繋がっています。
重要なゲームと入出金を外部の会社に任せることにより、運営会社が不正行為を働けない状況を作り出しています。
オンラインカジノはこのように海外の合法ギャンブルであることから、オンラインカジノ自体には違法性はまったくありません。

店舗でのオンラインカジノの利用は違法

店舗でのオンラインカジノの利用は違法
オンラインカジノは利用しても違法とはなりませんが、日本国内においては合法ギャンブルとも認められていないため、利用する際は個人の範囲に留め、その内容等を公にしない方が良いでしょう。

しかし、それでも時折ニュースなどでオンラインカジノで逮捕者が出たという話を見聞きすることがあると思います。
そうした逮捕者が出るのは、個人的な利用ではなく、店舗でオンラインカジノを利用してしまったからです。

店舗の中でオンラインカジノを利用すると、運営者はオンラインカジノの運営会社ではなく、その店舗の運営者となってしまいます。
そのため、運営者と利用者が同じ場所に揃っているという賭博法の適用条件にあてはまってしまうので、利用したことが発覚すると賭博罪により逮捕され、罰金刑または懲役刑に処されることになります。

こうしたオンラインカジノを利用した店舗型のギャンブルは、オンラインカジノと区別されインカジと呼ばれています。
インカジは全国の都市の繁華街周辺を中心に運営されていて、客引きはオンラインカジノの安全性を強調し店へと誘導しようとします。

たしかにオンラインカジノの利用は安全で違法にはなりませんが、店舗でオンラインカジノを利用すると違法となってしまいますので、どんな甘い言葉を囁かれてもインカジは絶対に利用しないようにしましょう。

公平さを重視しているギャンブルである確証

オンラインカジノは詐欺なのではないか。
このような視線を向けている人は決して珍しくはないでしょう。
公平さを重視しているギャンブルである確証
カジノだけではなく、ギャンブル全般に於いて詐欺の問題はデリケートです。
ギャンブルを楽しむ大前提として公平であることが挙げられますが、オンラインカジノの場合、公平性をユーザーが確認できません。
「大丈夫です」「安心してください」と言われたところで、それらを証明する材料がありません。
この点はスマホアプリのガチャと同じ理屈なのではないでしょうか。

現実のガチャであれば、筐体に何が入っているのかが分かりますが、スマホのガチャの場合、輩出率が表示されていても、果たしてその数字が正しいものなのか、誰も証明できません。
そのため、オンラインカジノに関してもどれだけ「安心してください」と言われたところで、果たして本当に公平なのかという疑問が拭えないユーザーがいるのも、分からない話ではありません。

しかし、それでもオンラインカジノは「公平だ」と考えられる理由がいくつかあります。

公平である理由1「第三者機関からの監査」

公平である理由1「第三者機関からの監査」
オンラインカジノは、TSTやeCOGRAといった第三者機関からの監査を受けている所もあります。
第三者機関はオンラインカジノとは直接関係ない団体になりますので、それらから「間違いなし」と判断されているのであれば、公平だと考えて良いのではないでしょうか。

仮にですが、TSTやeCOGRAがオンラインカジノ業界とズブズブの関係にあるのであれば、どれだけ「安心できる」と主張されたところで信じることなどできません。
しかし、実際にはまったく関係ない機関になりますので、その点では信頼性のある監査だと言えるでしょう。

また、こちらもある意味では「第三者」ですが、オンラインカジノの運営にはカジノのライセンスが必要です。
そして、どのオンラインカジノ業者もしっかりとライセンスを受けています。
オンラインカジノのホームページにアクセスすると、どの国からライセンスを受けているのかが分かります。

決して「必要書類だけあれば誰でも認可される」ものではなく、公平性を含めて「お客が楽しめるのか」という点をチェックされますので、オンラインカジノのライセンスを取得しているという事実もまた、「第三者からの認可」だと言えるのではないでしょうか。

公平である理由2「運営企業の信頼性」

オンラインカジノを運営している企業は、ネット上でオンラインカジノだけを運営しているのではなく、ホテルやリゾート経営をしていたりなど、オンラインカジノ以外にもビジネスを展開しているところが珍しくありません。
中には地元の国で一部上場している企業もあるほど。そのような企業が運営しているという点もまた、信頼に値するのではないでしょうか。

もしもですが、一部上場している企業がオンラインカジノ事業で裏でイカサマや詐欺を働いているとすれば、仮にそれらが露呈した際のダメージは相当なものです。
ただ単に「オンラインカジノでイカサマをしていた」と指をさされるだけではなく、それまで地道に気付いた社会的信頼さえも損ねてしまうことになるのではないでしょうか。

それらのリスクを抱えてまで、オンラインカジノで詐欺を働くのか…という点を考えると、運営母体を調べれば調べるほど、オンラインカジノは安心できると考えてよいでしょう。

公平である理由3「ネット時代の口コミ」

公平である理由3「ネット時代の口コミ」
今の時代、どのようなことも恐ろしい速さで世界を駆け巡ります。
仮にですが、詐欺やイカサマを働いているオンラインカジノがあった場合、その手の話はすぐにでも世界中を駆け巡ることでしょう。

なかなか勝てない、むしろ明らかにおかしい。
そのような噂が広まれば、オンラインカジノとしてもお客を手放すことになってしまいます。

そもそも、オンラインカジノも多々あります。様々な業者がそれぞれの特徴を武器に運営していますので、ユーザー側が「選ぶ側」です。
イカサマや詐欺を行っているオンラインカジノを選ぶユーザーなどなかなかいないでしょう。

ましてや少し調べればどのようなオンラインカジノなのかが分かる時代です。
それらの事情を考えると、詐欺やイカサマはオンラインカジノそのものにとって死活問題に発展しかねないものなだけに、安心してよいのではないでしょうか。

まとめ

このように、オンラインカジノが詐欺やイカサマを働いていないのかは、細かい部分をチェックすると、案外見えてくることが多いのだなと気付かされるのではないでしょうか。
むしろオンラインカジノはライセンスも必要であることを考えると、詐欺やイカサマどころか、健全性を追求しなければならないのです。

「ギャンブル」「ネット上のプログラム」というイメージから、どうしても裏で何かをしているのだろうなと思ってしまいがちです。
実際に遊んで勝てないと「裏で何か小細工をしているのでは」と勘繰りたくなる気持ちもよく分かるのですが、オンラインカジノほど健全に運営されているコンテンツはありません。

国内のギャンブルでは不可能なペイアウト率

オンラインカジノはほかのギャンブルと比べて高いペイアウトが特徴です。

日本国内にもいくつかギャンブルがありますが、最も高いとされているパチンコのペイアウトはおよそ85%前後とされています。
競馬や競輪が70%から75%、宝くじに至っては50%前後とされているだけに、パチンコのペイアウトの高さが分かるかと思いますが、オンラインカジノは95%以上となっています。
国内最高のペイアウト率を上回りますが、そもそもペイアウトとは何を意味している数字なのかご存知でしょうか?

ペイアウトとは還元率

ペイアウトとは還元率

ペイアウト率は即ち還元率です。
勝率ではなく、どれだけお客に還元するかの割合ですので、ペイアウトが95%以上だからといって「100回遊べば95回以上勝てる」「100人中95人以上が勝てる」を意味したものではありません。
お客が使ったお金の中から、どれだけお客に戻すのかを意味した数字となっています。
そして、あくまでも「お客全員」であって、一人のお客ではありません。

その点で、ペイアウト=勝率ではないことがわかるのではないでしょうか。
しばし、ペイアウトを勝率と勘違いしていた意見を耳にすることもありますが、勝率ではなく、還元率になりますので、その点を勘違いしないようにしましょう。

なぜペイアウトが高いのか

なぜペイアウトが高いのか

オンラインカジノのペイアウト=還元率が高い理由として、まずはカジノそのもののペイアウトの高さが挙げられます。

カジノと言えば、オンライン・リアルを問わずに一攫千金の夢を見れる点が挙げられます。
高いペイアウトもさることながら、一獲千金を夢見て多くの人がたくさんのお金を投じれば、その分還元される額も増えます。

また、ペイアウトは定額制ではなく、あくまでも数値比率になりますので、多くのお客が資金を投じれば投じるほど、お客側に還元される額もまた高まります。
カジノ側としてもお客に対して「夢を」という部分もありますので、ペイアウトを高めに設定しているのですが、オンラインカジノの場合、運営費用が他のコンテンツと比べて安く済ませられる点も挙げられます。

例えばですが、先に名前が挙がったパチンコの場合、テナント費用、光熱費、人件費など様々なお金がかかります。
お客が支払ったお金からそれらの「経費」を差し引いてお客に還元し、かつ利益も確保しなければなりません。
その点オンラインカジノの場合、そもそも場所を借りていませんのでテナント費用がかかりません。

近年はライブカジノも増えていますが、客足を意識した一等地である必要もなければ、オンラインカジノ業者の中にはもともとカジノを経営している企業もありますので、場所を兼ねることも可能です。
つまり、テナント費用を安く抑えられると共に、光熱費もかからなければ人件費も最低限で良いなど、オンラインカジノは運営側にとっては経費を抑えられるからこそ、より高いペイアウトを設定できるのです。

オンラインカジノの勝率に関して

オンラインカジノが高いペイアウトであることは分かりましたが、では勝率に関してはというと、こちらはいわば「時の運」です。
この点に関しては他のギャンブル同様、運によって左右される部分です。
何度も勝利が巡ってくることもあれば、逆になかなか勝利を味わえないケースもあるでしょう。

但し、ペイアウトの高さから勝利した際の還元額が高まりますし、ベット術等を駆使することで、一度の勝利でそれまでの負けを帳消しにすることも可能です。
その点では、「プレイでの勝利」という点ではギャンブルである以上、運任せですが、金額面に於いては自分の工夫次第ではより大きなものを目指せることが分かります。

オンラインカジノは初心者でも勝てるのか

オンラインカジノは初心者でも勝てるのか

これからオンラインカジノをと考えている人にとっては、初心者でも勝利できるものなのかという点は気になる部分と言えるでしょう。
この点も、「ビギナーズラック」という言葉もあるように、初心者でも勝利を掴むことが可能です。

初心者だからといって、オンラインカジノ運営が手心を加えてくれるわけではありませんが、先にもお伝えしたように、オンラインカジノの勝敗に関しては「運」です。
ギャンブル暦の長い百戦錬磨のプレイヤーでも、その日初めてオンラインカジノを楽しむ初心者でも勝率に関しては変わりませんので、初心者であっても大きな勝利を掴むことは不可能ではありません。
実際、登録してからの初プレイで一攫千金を手にしたユーザーもいるので、初心者であっても、運次第で大きな勝利を掴めるのもオンラインカジノの特徴です。

まとめ

オンラインカジノは勝ちやすいというよりも「利益を手にしやすい」ギャンブルだと分かるのではないでしょうか。
高いペイアウトはユーザーにとって魅力的なものですが、なぜ高いペイアウトなのか、キャッシュフローを考えると納得してもらえる部分もあるかと思いますので、一獲千金を夢見るのであればオンラインカジノは何かと都合がよいギャンブルです。

キャッシュバック機能付の資金管理手段

オンラインカジノの入出金には手数料がかかる

オンラインカジノの入出金には手数料がかかる

オンラインカジノには多くのメリットがあります。
高い還元率、365日24時間いつでもプレイできる遊びやすさ、モバイル端末からもアクセスできる利便性の良さなど、他のギャンブルにはないメリットがいくつもあります。
しかし、そんなメリットの多いオンラインカジノにも、利用にあたりネックとなる点があります。

オンラインカジノは海外の企業が海外にて運営しているギャンブルです。
オンラインカジノに関わるソフトウェア会社も海外の会社ですし、決済会社に関しても海外の会社が請け負っています。
決済会社も海外の会社によって運営されているということは、オンラインカジノへの入金、出金に多くの手数料が必要となるということです。

海外送金を経験したことがある方ならばご存じかと思いますが、海外への送金にかかる手数料は非常に高く、金額によっては1万円を超える手数料が発生します。
これほど高い手数料を払い続けていたら、ギャンブルに負けなくても資金をどんどん減らしてしまいます。
そうした海外送金の手数料を抑えるために、オンラインカジノは様々な決済サービスと提携していますが、ほとんどの決済サービスは海外送金ほど高くはないにせよ、ある程度の手数料が必要となります。

そのため、オンラインカジノプレイヤーの多くは、できるだけ少ない入出金で資金の移動をしようと努力しています。

手数料を安くできるヴィーナスポイント

オンラインカジノの決済サービスの中で今注目を集めているのがヴィーナスポイントです。
ヴィーナスポイントは、オンラインカジノ口座の資金を1ドル1ポイントとして貯められるオンライン上の口座です。

手数料を安くできるヴィーナスポイント

ヴィーナスポイントの特徴は、オンラインカジノの出金面に特化したサービスであるということです。
オンラインカジノへの入金にも利用することができますが、そのためには一度オンラインカジノの口座からヴィーナスポイントに資金を移し、ポイント化する必要があります。

直接入金することができないというのは、決済サービスとしてデメリットのようにも思えてしまいますが、一度ヴィーナスポイントでポイント化することにより、そのポイントを使ってヴィーナスポイントと提携している複数のオンラインカジノへの入金が可能となります。
オンラインカジノはそれぞれに魅力ある特徴を持っています。
様々なオンラインカジノへの入金を簡単にできるという点において、ヴィーナスポイントは優れた決済サービスであると言えるでしょう。

そして、ヴィーナスポイントが注目を集めている一番の理由は、その手数料の安さにあります。
ヴィーナスポイントは、オンラインカジノの利用においてネックとなっている手数料の問題を解決してくれる決済サービスです。

ヴィーナスポイントはオンラインカジノへの入出金手数料を無料としています。
そのため、ヴィーナスポイントとオンラインカジノの間での資金移動をいつでも手軽に行うことができます
今日はこっちのオンラインカジノで、明日はあっちのオンラインカジノでとオンラインカジノを跨ぎながらの利用もできるので、その手数料無料による手軽さはヴィーナスポイントならではのメリットです。

また、ヴィーナスポイントから国内銀行口座への出金にかかる手数料もかなり安くなっています。
ヴィーナスポイントの国内銀行口座への出金手数料は、900ポイントにつき1.8ポイントとなっています。
つまりこれは約10万円の出金に対し200円程度の手数料しかかからないということです。
これほど安い手数料で国内銀行口座へ出金できる決済サービスは他にはありません。

このヴィーナスポイントの手数料の安さは、日本国内の代理業者による国内銀行振込を採用していることにあります。
国内銀行振込のため手数料が安いだけでなく、振り込まれるまでの時間も短いので、海外送金のように銀行に振り込まれるまで約5日ほど待つ必要もありません。
当日の朝8時までに出金依頼をすればその当日15時までに出金額が振り込まれます。
1日の出金上限金額も高く、20000ポイント、約200万円をその日のうちに出金することができるので、オンラインカジノで大きな勝負をしたい方にはとても大きなメリットとなるでしょう。

使えば使うほどお得になるキャッシュバック

使えば使うほどお得になるキャッシュバック

ヴィーナスポイントは、その名にポイントと付いているようにポイントサービスとしての機能も備えています。
ヴィーナスポイントでは、なんとオンラインカジノへの入金100ポイントにつき、0.5ポイントのキャッシュバックを受けることができます。
時に、キャッシュバックポイントがアップするキャンペーンも実施されるので、そのキャンペーン中はよりお得にポイントを貯めることができます。

ヴィーナスポイントで入金すればするほどポイントを貯められるので、入金に関しても手数料を取られるオンラインカジノの決済サービスにおいてはかなりレアな存在となっています。

ヴィーナスポイントはこのように安い手数料で国内銀行口座に出金できるというメリットの他にも、様々なメリットを持った決済サービスですので、オンラインカジノの入出金に悩んでいる方はぜひ一度ヴィーナスポイントを利用してみることをおすすめします。

永劫に続く信頼確保の為の取り組み

海外の行政府の名の下に運営している

海外の行政府の名の下に運営している

オンラインのカジノギャンブルと聞くと、どうしても不正操作を行われているのではないか、クレジットカード番号など個人情報を流されるのではないかなど不安を感じてしまいがちですが、オンラインカジノほど信頼できるギャンブルは世界中どこを探してもありません。

法律上、日本ではオンラインカジノを運営が許可されていない為、オンラインカジノ自体がどういうものかあまり詳しく知られていません。
こうした事情からオンラインカジノはインチキや詐欺が多いと勘違いしてしまっている方も少なくはないでしょう。
ですが、実際に海外ではオンラインカジノは安全に手軽に遊べるギャンブルとして大変な人気となっています。

なぜ海外でオンラインカジノが人気となっているのかというと、それはカジノが合法の国の政府よりライセンスを受けて運営しているからです。
このライセンスは、オンラインカジノがギャンブルとして安全で公平であるということを認めるものです。
発行元は各国政府であることから、事実上国が認可しているということです。

国が認可しているギャンブルなのですから、そこにインチキや詐欺があると国のメンツに関わってきます。
そのため、インチキや詐欺のないようラインセンスの発行には長い時間をかけて厳しい審査を行います。
十分な資金力を持っているか。背後にマフィアなどの反社会勢力はいないか。経営能力のある会社なのか。使用するソフトウェアは安全なものかどうか。
これらは審査項目のごく一部であり、その他にも多くの審査が待っています。
そして、ライセンスの取得にあたってライセンス料が必要となりますし、法人税の他にゲーム税までも必要となるので、かなり資金に余裕のある会社でなければその支払いだけで苦しくなってしまうことでしょう。

また、審査は運営に至るまでの間だけでなく、その後も定期的に抜き打ちチェックが入りますので、ライセンスを取得した後も気を抜くことはできません。
もしも、抜き打ちチェックで審査落ちしてしまった場合は、運営停止になってしまうこともあるので、オンラインカジノの運営会社はいつでも健全な運営を行っていなければなりません。
オンラインカジノは、このように海外の国の政府の名の下に運営していますので、インチキや詐欺はもちろん、どんな不正もないギャンブルとして世界中多くの方に利用されています。

第三者の外部監査機関の利用で安全性が向上

第三者の外部監査機関の利用で安全性が向上

オンラインカジノを利用するのなら誰でも安全に利用できるオンラインカジノを選びたいものです。
安全性が高いオンラインカジノはそれだけ利用者の数が増えますので、オンラインカジノ側も安全性をアピールしたいと考えています。
その安全性のアピールの1つとして、第三者の外部間機関による監査があります。

オンラインカジノ業界にはオンラインカジノの監査を専門に行っている監査機関があります。
その監査機関の代表ともいえるのがイーコグラです。
イギリスロンドンに拠点を置くイーコグラは、多くの監査機関の中でもとりわけ細かく厳しい監査を行っていることで知られています。
大手と呼ばれるオンラインカジノは、このイーコグラによる監査を受けていて、その認定を受けたという証をサイト上に掲載しています。

イーコグラの認定を受けているオンラインカジノは100%安全なオンラインカジノだと言うことができます。
イーコグラの監査を一発でクリアできたオンラインカジノは1つもないと言われているので、現在イーコグラの認定を受けているオンラインカジノは大手であっても何度も監査にチャレンジしていることになります。

大手でも何度もチャレンジしなければ受からないほどイーコグラの監査は厳しいため、サイト上にイーコグラの認定があるだけで大きな集客を期待することができます。
こうして集客率のアップに繋がることから、安全性を高め安全なオンラインカジノだとアピールするために、多くのオンラインカジノがイーコグラの監査を受けています

実際不正を行っているのは悪質オンラインカジノだけ

政府の名の下に運営を行い、さらには外部の監査機関の監査を受けていることから、オンラインカジノは不正のない信頼できるギャンブルを提供できています。
しかし、オンラインカジノとその名を使いながら不正を働いている悪質オンラインカジノも存在します。
払戻金の不払い。ゲームの不正操作。個人情報の流出。
悪質オンラインカジノはこうしたインチキ、詐欺のような不正を当然のように働いています。

実際不正を行っているのは悪質オンラインカジノだけ

こうした悪質オンラインカジノを誤って利用しないように注目したいのが、サイト上にあるライセンスの取得情報です。
ライセンスを持っていないオンラインカジノはまず悪質と疑って間違いありません。
ライセンスがあるからこそ、オンラインカジノはゲームにしても決済にしても安全に利用することができます。

ライセンスは必ずオンラインカジノのサイト上に掲載されてますので、まずは利用の前にこのライセンスを探し、そして万が一ライセンスの取得情報がない場合は絶対に利用しないようにしましょう。

合法性と安全性は別に考える

オンラインカジノはいつから存在しているのか

オンラインカジノはいつから存在しているのか

オンラインカジノは1994年に初めて運営ライセンスが発行され、それ以降多くの会社がライセンスを取得するようになりました。
特に90年代の後半から2000年代初頭にかけては、インターネットが急速に普及したこともあり、オンラインカジノのサービスも続々と登場しました。
日本国内でも2000年代の半ばあたりから徐々に普及していき、近年ではプレイヤー人口も大幅に増えており、ブログや動画などに取り上げる人も急増しました
多くの運営会社が日本語に対応していることもあり、日本人にとって取り組みやすいのも普及した要因の1つと言えます。

オンラインカジノにはどのような魅力があるのか

オンラインカジノがこれほどまで人気になったのは、当然ながらたくさんのメリットや良さがあってこそですが、具体的にどういった魅力があるのでしょうか。
まず第一に、オンラインカジノはいつでも好きな時に遊べるのが大きな魅力の1つです。
メンテナンスなどで一部のゲームがプレイできないことはありますが、基本的には24時間365日いつでもプレイできる環境となっているため、自分が遊びたいと思った時に遊ぶことができます。

また、オンラインカジノをプレイするためには、パソコンやスマートフォンを持っていてネットに接続できる環境があればOKなので、自宅はもちろん外出先で遊ぶことも可能です。
ゲームの種類も非常に豊富で、スロットやカードゲームやルーレット、それ以外にも多種多様なゲームを用意しているので、飽きることなく遊び続けられるのも嬉しいです。
そして、オンラインカジノには一瞬で数百万や数千万円ものお金を稼げる夢があります。
特にジャックポットに当選すれば、億を超える配当を得ることも決して不可能ではありません。

オンラインカジノは合法的にプレイできるか

オンラインカジノは合法的にプレイできるか

オンラインカジノをプレイする上で、大きな不安材料となるのが法的な問題です。
今現在日本国内では、公営競技のような国に認められたギャンブル以外は法律で禁止されています。
裏カジノや違法パチスロ店などが摘発されるニュースをよく目にしますが、それも法律に違反しているからこそ摘発されてしまうわけです。

では、オンラインカジノの場合は合法的にプレイすることはできるのでしょうか。
まず、オンラインカジノはライセンスを取得して運営されているので、それ自体が違法になることは絶対にありません。
問題は日本国内でプレイすることに対する違法性ですが、あくまでもオンラインカジノのサービスはその国の法律が適用されると言われています。

したがって、日本国内には明確にオンラインカジノのプレイを禁止する条文がないので、ライセンスを取得して運営されているオンラインカジノをプレイすることは基本的に違法ではありません。
ただし、当然ながら日本の会社が同じようなサービスを提供すれば完全に違法となりますし、カジノカフェのようなオンラインカジノを利用して賭博行為を提供することも同じように法律違法となってしまいます。

オンラインカジノにおける詐欺被害について

昔に比べるとオンラインカジノをプレイする人は大幅に増えましたが、それでも海外に比べればまだまだ認知されていない状況です。
もちろん、日本人にとってカジノはあまり馴染みがないことも要因の1つですが、もう1つの理由として海外が運営するサイトということもあり、危険なイメージを持ってしまう人が多いからです。

実際のところネット上でも、オンラインカジノで詐欺被害に遭ったという書き込みも少なからず見受けられます。
確かに、ラインセンスを取得せずサービスを提供している業者がいることも事実なので、実際にプレイするにあたっては最低限のリスク管理は行わなければなりません。
ただ、少なくとも大手の優良業者が運営するオンラインカジノであれば、安心安全にプレイすることができますし、当然ながら詐欺被害に遭うことも決してありません。
また、オンラインカジノの運営は信頼がとても重要なので、インチキ行為なども一切行っていません。

オンラインカジノの還元率を日本のギャンブルと比較してみる

オンラインカジノの還元率を日本のギャンブルと比較してみる

オンラインカジノの人気が高まっている大きな理由として、還元率の高さがあります。
ゲームの種類や運営会社によって細かい数値は違ってきますが、基本的には95%から98%の還元率となっています。
日本のギャンブルと比較してみると、宝くじやサッカーくじが約50%、競馬や競輪などの公営競技が約75%、パチンコやパチスロは約85%ほどの数値であることから、それらと比べても別格の還元率を誇っています。
当然ながら、還元率が高ければそれだけ勝ちやすくなりますし、娯楽という観点で見ても非常に遊びやすいと言えます。

今まで公営競技やパチンコをメインに取り組んでいた人も、オンラインカジノをプレイしたことでそちらにシフトするケースも増えています。

オンラインカジノが世界中で支持される理由

カジノと聞くと海外に行かなければ楽しむ事ができないと思われていませんか?
もちろん、日本国内では、今のところ、カジノは違法ギャンブルとなっています。
その為、確かに海外に行かなければ楽しむ事ができないという考えは間違っていません。

しかし、それは、ランドカジノと呼ばれる店舗型のカジノを指します。
その為、今回ご紹介するオンラインカジノにおいては、少し違った考え方になると言えるのです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは1996年、世界初のオンラインカジノサイトが生まれました。
その後、インターネットの普及により、1999年ごろには一般的にオンラインカジノが利用されるようになりました。
このようにオンラインカジノはインターネットの普及によって、世界中の人々に愛されるものとして発展していったと言えるのです。

人数としては、全世界で3000万人以上と言われています。
その中には、日本人も含まれ、50万人以上のプレイヤーがいると言われています。
それ程までに日本国内でも浸透していると言えるオンラインカジノとなります。

オンラインカジノの仕組み

では、オンラインカジノは誰が運営しているのでしょうか。
オンラインカジノの場合、国が運営しているのではなく、企業が運営しているギャンブルとなります。

そのように聞くと、「本当に大丈夫なのか?」と心配になる人も多いと思います。
ギャンブルを民間企業が運営しているとなると不正など様々な点で心配になるのは、当たり前の事だとも思います。

しかし、オンラインカジノの場合、そのような心配は一切不要です。
まず、オンラインカジノを運営するためには、各国が発行しているライセンスを取得しなければいけません。
このライセンスは、どの企業でも簡単に取得する事ができるものではなく、厳しい審査にクリアした企業のみ取得する事ができるものとなります。
また、ライセンスを取得するためには、ライセンス取得料を支払う必要もあり、資本金が少ない企業などがそう簡単に運営できないようにもなっています。

オンラインカジノの仕組み

そして、その後も、第三者機関による審査を受ける事で、ペイアウト率等の不正がないよう厳しく審査をされているオンラインカジノ。
その為、民間企業が運営しているとは言え、一切、不正などできない状況に置かれていると言え、安心して楽しむ事ができるようになっています。

このような事から、オンラインカジノ選びを行う際は、必ずライセンスの取得の有無を確認し、その上で

・どのような機関で審査を受けているのか?
・ライセンス取得国はどこの国なのか?

などを調べておくとより安心してオンラインカジノを楽しむ事ができると思います。

オンラインカジノの入出金方法は?

オンラインカジノの入出金方法は?

オンラインカジノを利用する場合、必ず必要になるのが入出金となります。
お金を賭ける為にオンラインカジノに入金し、そして、勝ったお金はそこから出金しなければ自分のものにする事は出来ません。
そこで、これらを行うためにお勧めなのがネット銀行の利用と電子決済サービスの利用です。

電子決済サービスとは、簡単に言えば、オンラインカジノ専用のネット銀行のようなものです。
そこに日本のネット銀行から入金する事で、オンラインカジノにお金を入金する事が可能になります。
反対に出金したい場合も一度、電子決済サービスに出金し、そのお金を日本のネット銀行に入金する事で簡単に現金を手にすることが可能になってきます。

これさえ、マスターする事ができれば、お金の入出金もスムーズ行う事が可能です。

オンラインカジノは、どんな人におススメ?

オンラインカジノをお勧めしたい人は、まず、時間の余裕がない人かと思います。
カジノに興味がありながらも、ラスベガスのようなランドカジノに行く時間がないと言う人も多いのではないでしょうか。
そんな人でも、オンラインカジノの場合、自宅で24時間365日利用する事が可能です。
その為、仕事終わりの隙間時間や1日だけの休日でも、思う存分、カジノを楽しむ事が可能になります。

ただし、いつでも利用する事ができると言う事が人によっては、大きなデメリットになる場合もあります。
それが、オンラインカジノの中毒になる事です。
その為、そのような事を避けるためにも自分自身で決まりを設け、その決まりに沿って、オンラインカジノを楽しむ決意が必要になってきます。

まとめ

いかがでしたか。少しはオンラインカジノのことについて、理解して頂く事ができたでしょうか。
日本国内でも多くの人が利用していると言われておるオンラインカジノ。
最近では、スマホ対応のゲームも多く、電車などでの移動中もオンラインカジノを楽しむ事ができる環境にあります。
それほど、身近になっているオンラインカジノ。

初めは、少し難しく感じる事もあるかも知れませんが、すぐに慣れて何も問題なく楽しむ事ができるようになってくると思います。

様々な選択肢があるソフトウェア

マイクロゲーミングとは?

マイクロゲーミングとは?

マイクロゲーミングとは、オンラインカジノのソフトウェア会社のことです。
オンラインカジノは、実際に運営をしているのは運営業者ですが、ゲームなどのソフトを開発して提供しているのはソフトウェア会社です。

マイクロゲーミングは、メジャーとされるオンラインカジノで採用されているソフトウェアの一つです。
1994年に設立されたマイクロゲーミング社は、業界でも最大手であり、老舗の企業です。
その信頼性は確立されており、第三者である監査機関からの監査を受け、安全性も抜群です。

また、ソフトウェアの操作性や鮮明なグラフィックなどにも定評があり、多くのユーザーからも支持されています。

マイクロゲーミングの魅力あれこれ

マイクロゲーミング社のソフトウェアにはさまざまな魅力があります。
その一つが操作性、そしてグラフィックのクオリティですが、非常に品質が高いことでも知られています。
そして、最新のゲームが次々と開発されているのが特徴です。
マイクロゲーミングは新しいゲームの開発に積極的で、新ゲームが登場する頻度が他のソフトウェア会社と比較しても業界一です。

また、「ジュラシックパーク」や海外ドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」といったビックタイトルとコラボをしたりと、プレイヤーを飽きさせません。
リアルに強く、映画やドラマが好きな方も楽しめるという魅力があります。

VIPERという基幹ソフト

マイクロゲーミングの基幹ソフトであるVIPERですが、こちらはマルチランゲージ表示切り替え機能が搭載されていますので、日本人プレイヤーも安心して遊べるというメリットがあります。
また、プレイ履歴や、入出金履歴もチェックすることが出来、ソフト上でも一部のブラウザが使えるという特徴があります。
これらの特徴を兼ね揃えており、非常に機能性が高いシステムとなっているのです。

マイクロゲーミング系オンラインカジノで気を付けること

安全性が極めて高いとされているマイクロゲーミング系のオンラインカジノですが、その全てが安全というわけではなく、悪質なカジノに気をつける必要があります。

その理由として、基本的にマイクロゲーミングは使用料が高いので、財務状況の良い企業しか使用出来ない為に安全性が高いと言われることがあります。
しかしながら、ホワイトレーベルなど一部のライセンスを持っていない信用性のない業者も、オンラインカジノ業者には存在します。
このため、一概に安全とはいえないので、選ぶ際には慎重になる必要があります。

ネットエントとは

ネットエントとは

オンラインカジノのネットエントは、ソフトウェアの一つです。
JavaFlash系のノーダウンロードタイプのソフトであり、ダウンロードをする必要がなく使えるのが大きな特長となっています。

時間を削減することが出来て、また手軽にプレイが出来るのがメリットとなっています。
ゲーム性が弱いというイメージを持つ方も多いですがけしてそうではなく、大変面白いゲームが揃っています。
娯楽性が高く、シンプルで操作しやすいゲームが特長となっています。

ネットエントの運営会社について

ネットエントの運営会社は「ネットエンターテイメント」であり、スウェーデンに拠点を置く企業となっています。
ストックホルム証券で上場していて、社会的な知名度も高い企業です。

ネットエントの運営会社のネットエンターテイメントは、1996年に設立された老舗の企業ですが、地道な努力を重ね現在のように、多くのオンラインカジノで導入される形になりました。
以前まではマイナーなソフトウェアでしたが、従来までのソフトが、ダウンロードタイプなのに対し、ダウンロード不要なタイプであるネットエントは主要なソフトウェアとなっています。

さまざまな認定機関で認定されている

さまざまな認定機関で認定されている

オンラインカジノにおいて肝心なのがその信頼性です。
ネットエントのソフトウェアは、「イーコグラ」などの第三者監査機関によって認定されており、その公平性が認められています。

また、そのほかにも、TSTとSKLといった、二つの監査機関によって監査がされており、乱数発生プログラム(ランダムナンバージェネレーター)の認定を受けています。
つまり、プログラムに不正がなく、正常に運営されていることが認められており、それだけ安全性や信頼性が保たれているという証です。

通常、オンラインカジノではどちらか一つの認定を受けているのですが、二つの監査機関から認定を受けているので、とても凄いことなのです。

とても使いやすくてシンプル

ネットエントのソフトの特徴として、とても使いやすくて、シンプルであるという特長があります。
視覚的にもわかりやすいため、多くの方が遊びやすくなっています。さらに、サプライズ的な要素が大きく、ボーナスゲームも多彩です。

日本語対応されていないオンラインカジノでも、使いこなしやすいのも魅力です。
また、ゲーム画面はもちろんですが、キャッシャーなど入出金の画面も使いこなしやすくて、シンプルなのもメリットとなっています。

カジノ選びで失敗しない為に

オンラインカジノは詐欺やインチキ?

オンラインカジノは詐欺やインチキ?

オンラインカジノは、顔が見えないオンライン上のギャンブルです。
そういった事情もあり、オンラインカジノは詐欺やインチキがあるのではないかと思っている方は少なくありません。

オンラインカジノは、現実として詐欺やインチキのカジノもありますが、そういったカジノは一部だけであり、全てのカジノがそうではありません。
オンラインカジノといっても、全世界で数千ものサイトがありますが、一部の悪質カジノと呼ばれるカジノでは、詐欺やインチキが横行しています。
たとえば、プレイヤーを勝たせなかったり、プレイヤーの払い戻しの要望があったとしても払い戻しに応じなかったり、個人情報を平気で漏洩したりと詐欺や犯罪行為が行われています。

しかし、こういった悪質カジノは本当にごく一部ですので、大手の知名度のあるオンラインカジノを選べば問題ありません。

知名度の高いオンラインカジノは安心

オンラインカジノの中でも知名度が高く、大手のオンラインカジノは安心です。
こういったカジノは一流の企業が運営をしていることも多く、その社会的な信用度は抜群です。

大手のオンラインカジノは、ライセンスや、外部の監査機関からの監査を受けていることもあり、厳正なチェックが入ります。
オンラインカジノの公式ホームページで、ライセンスのマークや、イーコグラといった監査団体の認定マークが入っていれば、高い確率で信頼できるサイトです。
これらの監査はとても厳しい上、高額なライセンス料を支払う必要がありますので、生半可な覚悟では運営をすることはできないからです。

また、オンラインカジノの運営は、運営側が最終的には儲かる仕組みになっていますので、不正を行ってまで、企業の信頼性を落とすような行為をするメリットはありません。
そういったことから、知名度の高いオンラインカジノは安心できます。

オンラインカジノの選び方

オンラインカジノの選び方

このように、オンラインカジノを選ぶ場合、大手の知名度のあるカジノを選ぶようにして、ライセンスや、監査機関による監査、そしてソフトウェアなどを比較して選ぶことが大切です。
総合的に判断して選ぶことで、詐欺やインチキが行われているカジノは避けることができます。
あとは、信用できるオンラインカジノのポータルサイトなどもチェックし、口コミ評価を見てみましょう。

オンラインカジノの経営方針は変わることもありますので、この時に、最新の情報を常にチェックすることがとても大切です。

SNSで情報を拡散するオンラインカジノは安心

多くのオンラインカジノが採用しているSNSによる情報発信ですが、本当にSNSで情報を拡散されているオンラインカジノは信頼できます。
情報を拡散されないオンラインカジノは少し信頼性が薄く、ユーザーが少ない可能性もあります。

オンラインカジノはネットによる宣伝が主体となっていますが、アフィリエイトを嫌がって情報サイトを見ないユーザーも増えています。
独自に情報発信を行うために、SNSを利用したオンラインカジノの宣伝も行われているのです。

SNSを使っているオンラインカジノが増加している

より多くのユーザーに気軽に情報を知ってもらいたいと考え、SNSによる情報拡散を行うオンラインカジノが増えています。
オンラインカジノは、情報を見てもらい、オンラインカジノについて知ってもらう、そしてキャンペーンの開催状況などを知ってもらいと考えています。
利用しているユーザーが多いオンラインカジノであれば、情報の拡散がしっかりと行われるので、更に多くのユーザーに情報を発信できるのです。

SNSを使ったメリットは他にもあります。
SNS上には動画を準備して、実際に動画を見ながらオンラインカジノのゲームを説明できるのです。
このようなゲームがオンラインカジノにはあるので、登録して実際に遊んでほしいとSNSに書いておけば、本当にオンラインカジノを遊びたいと感じた人が登録してくれるのです。
動画は静止画よりもユーザーを引き込む力があり、特にオンラインカジノでは有効な方法です。

情報の発信やユーザーの確保は、オンラインカジノにとって課題とされている部分です。
今でもアフィリエイトによる宣伝が多く行われていますが、SNSなどをしっかり使ったオンラインカジノの方が信頼できるのは間違いありません。

SNSの情報発信はオンラインカジノでは重要

SNSの情報発信はオンラインカジノでは重要

無料ゲームでもいいからオンラインカジノで遊んでもらいたいと考えるなら、SNSによる情報発信はとても欠かせないのです。
オンラインカジノは、まだユーザー数が少ない場所もたくさんあります。
より多くの日本人を集めたいと考えるならば、SNSで情報発信をしっかり行いたいところです。

情報をしっかりと出せるかどうか、オンラインカジノに求められる部分はたくさんあります。
SNSでしっかりと情報を拡散させ、多くのユーザーにオンラインカジノの宣伝とサービスを理解してもらうためにも、今後はSNSを利用したサイトが増えていくでしょう。
そしてSNSが宣伝の主体となる可能性も高くなっています。

オンラインカジノで儲かる仕組み

オンラインカジノは本当に稼げるのか

オンラインカジノは本当に稼げるのか

ギャンブルをすることで、最も気になるのが、そのギャンブルが稼げるのかどうかという点です。オンラインカジノは、ペイアウト率がとても高く、約95%となっています。
競馬やパチスロなどが、75~80%、宝くじは45%程度ということを考えると、オンラインカジノのペイアウト率が高くなっているので、それだけ勝ちやすいとされています。

しかし、どの紹介サイトでも、ペイアウト率のことが紹介されているのですが、実際に勝ちやすいのかというと、そうではないことがあります。
ペイアウト率というのはプレイヤーへの還元率となっています。払い戻し率、もしくは期待値のことなので、これが高いということはそれだけ勝てる可能性が高いことになります。
しかし、だからといって、必ず勝てるものかというと、そうではありません。

ギャンブルの勝ちやすさのカラクリ

オンラインカジノはペイアウト率が高いのですが、だからといって常に勝てるとは限りません。どんなギャンブルでもそうですが、大勝ちする人がいる中で、一方で大負けしている人もいます。
これはなぜかというと、ペイアウト率が設定されていて、その数字には間違いはありませんが、ギャンブルそのもののペイアウト率と、個人がプレイをした場合のペイアウト率は、全く別のものとなっています。

他の方が、ペイアウト率80%でも、ある方は、ペイアウト率が30%に満たないという場合もあります。
勝ったときに儲けやすいのは事実ですが、必ず勝てるのかというと、たくさんのプレイヤーがいる中で、絶対に勝てるというわけではありません。

胴元が儲かる仕組みとなっている

また、ギャンブルは胴元が儲かる仕組みとなっており、100%還元されるというわけではありません。ペイアウト率が95%となっている以上、長期的には損をしてしまうのがギャンブルなのです。
オンラインカジノも、大勝ちする可能性があるにしても、長く続けていれば、最終的に損をしてしまうように出来ています。
これは、どのギャンブルでも同じですが、ボランティアではなく、必ず胴元が儲かる仕組みとなっているのです。

キャッシュフローが遅いのも問題

また、パチンコやスロットと違い、オンラインカジノは、キャッシュフローが遅く、すぐに現金化することが出来ないのも問題です。
すぐにでも現金が欲しいという場合も、出金申請をしてから、時間がかかることが多いですので、そういった人にも向かないギャンブルとなっています。

合法でも違法でもないオンラインカジノとは?

合法でも違法でもないオンラインカジノとは?

オンラインカジノは法律的にはどうなのだろう…と疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。それもそのはず、オンラインカジノは、ギャンブルの一つです。
日本国内では、ギャンブルなどの賭博は禁止されていますので、インターネット上だからといって、逮捕されてしまうのではないかと気にする方は多いです。

オンラインカジノは、表だって合法であるとはいえないのですが、実は現時点では合法でも違法でもないという位置づけとなっています。
オンラインカジノに関する法律は現時点でありませんし、法律にオンラインカジノに関する件は明記されていません。
インターネット関連の法律は、日本国内では、まだまだ未整備であり、ネットでの誹謗中傷ですら、取り締まりが出来ていません。
オンラインカジノも同様で、新しいギャンブルであるという事からも、法律がこれに追いついていないのが現状なのです。

従って、オンラインカジノは、法律的に、合法でも違法でもないということになっています。

海外業者が運営をしているからこそ、取り締まりできない

オンラインカジノは、運営会社が国内にあれば、もちろん違法になってしまいますし、運営業者である会社の経営者はもちろん、プレイヤーも逮捕されてしまいます。
しかし、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしていて、海外の国で、合法となっている国でライセンスが発行されて運営されています。
これに日本人プレイヤーがアクセスをしてカジノを楽しんでいるというのがオンラインカジノですので、話は複雑になってしまいます。

胴元が日本国内にないため、日本の法律で裁くことが出来ません。このため、オンラインカジノは、合法でも違法でもなく、処罰することが出来ないのが現状なのです。

初の逮捕者が出たオンラインカジノ

初の逮捕者が出たオンラインカジノ

以前、2016年3月に、国内で初のオンラインカジノプレイヤーが逮捕されたことで話題となりました。しかし、プレイヤー側が、略式起訴を認めず、裁判で争う姿勢を見せたところ、最終的に、不起訴処分を勝ち取っています。
つまり、検察側も、オンラインカジノの違法性を立証することは極めて困難であると判断したということになります。
同じ事件をまた摘発することは考えにくいですので、オンラインカジノのプレイヤーも、逮捕や摘発のリスクはほとんどないと安心して良いでしょう。

しかし、オンラインカジノの違法サイトや、国内の運営会社のオンラインカジノには手を出さないように注意する必要があります。